2006年 10月 01日

秋の夜長は

南極物語
/ ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント





久々にDVDを借りて観ました。
日本人なら誰でも知ってるであろう「南極物語」のハリウッド版。
樺太犬がハスキーとマラミュートに代わり、生き残った犬も6頭に。
基本的なストーリー(置き去りにされる)意外は日本版と違いました。

過酷なサバイバルシーンはほとんど無く、
日本版は観るのが辛いって人でも観れます。(ワタシのように)
最後は涙しますが・・・。

演技してるワン達にただただ感心しました。
我が家の場合、ワンコの映画を観ると
「ちょこにはムリだな~」「くっきーならこうするだろうな」と
ついつい重ねて見てしまいます。

160日も過酷な状況の中、ちょこくっきーは生き残れるのかしら・・・。
ワタシが迎えに来たら喜んで駆けて来てくれるのかしら?
そんな風に観ていたら、アッというまに終わってしまいました。ハハハ

e0077990_033479.jpg

ワンコが出ている映画やドラマ、本などを見て最後に必ず思うこと
「犬って素晴らしい!!!」
[PR]

by love-labdal | 2006-10-01 00:33 | ちょこママのひとり言


<< みんな仲良し      無味無臭の世界 >>