2006年 09月 03日

愛犬連れ去り事件の悲しい結末

ワタシがよく訪問するあるサイトで見つけた記事です。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
二度とこのような悲しい出来事が起きないよう、願いを込めて載せます。

まずはこちらをご覧下さい。
愛犬連れ去り事件

お店の前につないでいた愛犬が居なくなり、捜索。
犯人による狂言情報が寄せられる、
連れ去った人間を突き止めたが、6階ベランダから投げ捨てられ
愛犬は死亡する、なんて惨い事件なんでしょうか。
恐怖と怒りで涙がでました。

もちろん、こんな人間とは思えない事をした犯人が悪いです。
でも、店舗前につないでおくと言う事の恐ろしさを改めて考えました。

・今回のように連れ去られる
・暴行される
・通行人に噛み付く、襲う
・リードを外され居なくなる、事故に遭う

ワタシが考えられるのはこの程度ですが、それでもこんなに思いつく。
それ程、危険な行為なんだと思い知る。

犯人もこのワンコが可愛くて連れ去ったのだろう。
まさか飼い主に見つかるとは思わず・・・。
だから自宅に来られ、とっさに逃れるためにした凶行なのだと思う。
とても信じられない事だけど・・・。

このワンちゃんの飼い主さんも、自分がしてしまった最大の過ちを悔い、
ワンコと暮らす皆さんに呼びかけている。
「こんな事が二度と起きないよう、愛犬を守れるのは飼い主だけ・・」と。

我が家は大型犬なので、「可愛いから」って理由で連れ去られることは
あまり考えられないが、噛み付いたりリードを外される事は考えられる。
とにかく危険がいっぱいなのだ。

パパにも散歩中、コンビニに寄るのは絶対やめて!と念を押した。
どうかみなさんも十分に気をつけて下さい。
被害者側に立つばかりではありません。
時に愛犬が加害側になることもあるのです。

百代ちゃんが安らかな眠りにつきますように。
そして彼女の死が無駄にならず、二度とこのような事件が起きませんように。
そんな願いを込めて言葉が足りないことも多々あるかと思いますが
取り上げさせて頂きました。
[PR]

by love-labdal | 2006-09-03 11:19 | ちょこママのひとり言


<< 走れ!くっきー      尿結石の正体 >>